ホーム > 製品紹介 > パルサ・レシーバ > パルサ・レシーバ

パルサ・レシーバ
超音波プローブから発生する信号とその反射波を処理し、材料内部の物性や形状を検査・計測・評価する装置です。

JPR-600C(スタンダードタイプ)

 

<特長>
・高速、自動化対応機種
・パルス/バースト/チャープ波
・電力10W
・クロストーク最小
・電圧10~600V可変
・周波数30kHz~10MHz
・波数 1~300波可変
・PCとUSB接続制御

 

詳細

JPR-10CN(ベーシックタイプ)

 

<特長>
・基本仕様機種
・パルス/バースト/チャープ波
・電圧10~600V可変
・周波数30kHz~10MHz
・波数 1~31波可変
・PCとUSB接続制御

 

詳細

JPR-50P(高周波)

 

<特長>
・高周波対応機種
・周波数1MHz~25MHz
・矩形パルス波
・電圧10~600V可変
・PCとUSB接続制御

 

詳細

JPR-1800C(1800V)

 

<特長>
・最高電圧機種
・パルス/バースト/チャープ波
・電圧10~1,800V可変
・周波数20kHz~1MHz    

 

詳細

JPR-10A(アナログパルサ)

 

<特長>
・アナログパルサです。
・小型軽量 (3.1kg)
・電源はDC12V
・バッテリ駆動およびACアダプタで使用

 

詳細